年輪の芯を中心にして挽きあげたお椀や木皿には、側面に美しい木目が現れます。その木目を生かした拭き漆による郷原漆器を基本にして、さまざまな塗りの郷原漆器へと発展させております。昔の郷原漆器は柿の渋にヤマギリの炭を粉末にしたものを混ぜて下地を整え、漆塗りは内も外も木目を見せないようにしておりました。しかし、復活に取り組んだ段階で、昔の郷原漆器の塗りを剥がしてみたところ、木目の美しさが目につきましたのて、丈夫で木の温もりを感じていただけるように、下地から全て漆を用いて塗り上げております。