中塗りを磨いた上を朱漆または黒漆で仕上げ塗りを行います。郷原漆器では「塗り立て」とも「花塗り」とも呼ばれる塗りっ放しで仕上げる方法を用いています。この作業にはホコリが付かないように塗り上げる熟練が必要です。このような方法で塗り上げた漆器は、使うほどにしっとりとした、潤いのある艶に仕上がってきますので、日々の暮らしの中で、しっかりと使っていただきたいものです。この塗りのほかにロイロ仕上げがありますが、これは上塗りした面をさらに磨いては生漆を塗って拭き取り、固化してから磨き粉で艶出しをして仕上げる方法です。輪島塗などの艶やかな漆黒の塗りはこの方法で塗られたものです。