フランス移住を後悔…デメリットは?仕事や仕事探し、転職。日本人の仕事、資格は?ワーホリのブログも紹介

 

フランス移住で後悔する人には、

旅行のイメージで決めてしまい

現地の人と合わなかった人が多い。

 

パリなど街が予想以上に汚れていたりするのも

ガッカリの原因になる。

 

 

長期滞在者によるフランス移住情報、

ブログを手段にして現地に住むには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

 

日本人からも華やかで

エレガントな生活がおくれそうな

イメージを持たれているフランス。

 

 

本記事では、フランス移住を後悔しないための

フランス移住のデメリットや、

フランス移住後の仕事探しや転職。

 

日本人向けの仕事や必要資格、

実際にフランスでワーホリを

経験している人のブログを紹介していく。

 

 

 

フランス移住を後悔しないために。デメリットを紹介。パリ、フランス移住は難しい?仕事や仕事探し、転職

 

 

フランス移住を後悔しないためにも、

フランス移住のデメリットを挙げていく。

 

 

主なフランス移住の

デメリットとして挙げられているのが

 

 

・交通機関が遅延しやすい

 

・仕事でミスをしてもあまり謝らない

 

・日本では当たり前のようにある

便利グッズ(100均など)が少ない

 

・治安が実はあまり良くない

 

・意外と都市部が汚い

 

 

ということが挙げられている。

 

 

特に治安面に関しては、

とにかくフランスは

スリが多い国として有名である。

 

綿密な対策をしないと簡単に

スリの被害に遭ってしまう。

 

 

最近では集団でスリ行為を

行う人も増えているので、

街を歩くときは要注意だ。

 

 

また、フランス移住後の

仕事探しに関して押さえておきたい

ポイントがある。

 

 

・日本人は日本人企業に応募する傾向あり

 

・日本人以外の勤め先に応募する

 

・フランス移住前から就職の準備をしておく

 

・フランスに関する知識を蓄えておく

 

・フランス語のレベルを上げておく

 

 

ということである。

 

 

フランスで日系企業に就職すると、

給料が低くなってしまう相場に

なっていることが多い。

 

 

フランス人と結婚している日本人を雇うことで、

給与を上げたくないという企業側の

背景があるためだ。

 

 

経営者は、フランスで労働許可証を持っている

日本人のほとんどが結婚ビザで働いているため、

安く雇用したいと考える意図がある。

 

 

フランスも就職難に陥っている。

 

優先的に採用されるのはやはり現地人のため、

職業も専門職でなければ日系企業に

偏ってしまう可能性が高くなる。

 

 

転職を日本人がフランスで行うには、

かなり高いハードルを超えなければならない。

 

 

特に仕事探しをパリで行ったとしても、

パリのフランス企業に就職できる人は

生まれも育ちもパリでなければ難しくなる。

 

 

フランス移住後仕事探しをする際には、

事前にどれだけ準備が出来ているかによって

就業先の選択肢の幅が変わってくる。

 

フランスに転職することを決めたのであれば、

日本を出る前に就職先の目星はつけておくべきだ。

 

 

そもそも日本人がフランス移住を難しいと考える

原因の一つとして、フランスに移住するための手続きが

非常に複雑かつ多量であることが挙げられる。

 

 

また、フランスに移住するにあたって

フランス人の価値観を知っておかなければ

フランス移住は難しいと感じる場面が多くなる。

 

 

フランス人の主な価値観として

 

 

・日本人よりも時間をルーズに考える傾向がある

 

・細かい気配りが日本人ほどされない場合がある

 

・結婚しても相手に大きく干渉しない

(個人主義の意識を持つ人が多い)

 

 

などが挙げられる。

 

フランス人の価値観を事前に知っておかないと、

うまく環境に馴染めない場合があるので要注意だ。

 

 

 

フランス移住の方法!日本人の仕事、仕事の資格は?海外移住を後悔しないために、ワーホリのブログを紹介

 

フランス移住の主な方法としてはビザ取得だ。

 

 

フランスに3か月以上滞在するにはビザが必要となり、

長期にわたって滞在する場合は

ビザをその都度更新する必要がある。

 

そのビザも種類が20種類以上あり、

非常に複雑な手続きになっている。

 

 

主なビザの例として

 

 

・就労ビザ(滞在期間:3か月~)

 

・ビジタービザ(滞在期間:1年)

 

・学生ビザ(滞在期間:1年)

 

・商工業活動ビザ(滞在期間:3か月~)

 

 

などがある。

 

 

フランスにおける日本人の仕事としては、

前述したように、事前準備をしっかり整えておかないと

フランス企業に就職するのは非常に難しい。

 

フランス移住後、日本人がフランス企業で仕事をするには

専門の資格を持っていないと、給与の低い

日系企業に雇われざるを得なくなってしまう。

 

 

海外移住で後悔しないためにも、

フランスでワーホリをしている人の

ブログをいくつか参考にしてみるのも良い。

 

 

「フランスワーホリ日記」

 

「フランスワーホリ備忘録」

 

「26歳フランスワーホリ記!」

 

 

など、フランスの暮らしを綴る

ブログを参考にして、フランス移住を

検討するのも良いだろう。

 

 

 

まとめ。フランス移住の後悔について

 

華やかでエレガントな生活が送れそうな

イメージを持たれているフランス。

 

そのフランスに移住するには

様々なハードルが待ち受けており、

苦労することも多い。

 

 

だが、もちろんフランスに

移住するメリットも沢山ある。

 

本記事を参考にして、

後悔しないフランス移住を

検討してみてはどうだろうか。

 

 

パリに住みたいと話す福見。

自分と同じくマッサージに目がない(笑)。

 

タイトルとURLをコピーしました