祇園祭のお稚児さんの選び方としきたり!歴代と生贄、斎王代の費用と子供の選び方

 

 

祇園祭のお稚児さんの存在を

知っていますか?

 

祇園祭のお稚児さんの

選び方とは・・・?

 

 

毎年全国各地から観光客が押し寄せる、

京都の大きなお祭りです。

 

そのなかでお稚児さんといえば、

花形の役割を担っています。

 

 

祇園祭のお稚児さんに選び方があった?

 

まずお稚児とは、神社仏閣の祭列で

着飾って参加する子供のことです。

 

幼い子は神霊が降臨しやすい

との理由から選ばれています。

 

そんなお稚児さんは、

祇園祭でも抜擢されているのです。

 

祇園祭と聞いて真っ先に浮かぶのは、

山鉾巡行である人が多いことです。

 

その通り、たくさんの鉾が

華やかに巡行するなかで、

 

長刀鉾は本物のお稚児さんが

いることがとても有名です。

 

本物、というのは、

他の鉾の稚児は人形を使っています。

 

生身の子供がいるのは、

この長刀鉾だけとなります。

 

祇園祭のお稚児さんの歴代を

確認したい人も多いですが、

 

これは子供の個人情報保護のため、

公式には示されていません。

 

 

祇園祭の子供の選び方も、

神聖な事柄のため決まってはいません。

 

ルールとして確認できているのは、

「長刀鉾町に住む

8歳~10歳の男子であり、

1年間身内に不幸がない家庭。」

 

この最低限の条件だけは、

公開されていることです。

 

 

伝統的な祇園祭ですが、

暗黙のルールもあると噂されています。

 

 

お稚児さんの知られざる「しきたり」

 

祇園祭の稚児は生贄の意味だという

噂があります。

 

そのため、鉾に乗る稚児は

人形を使っているとか・・・

 

祇園祭は、平安時代に流行した疫病を

鎮めるために始まりました。

 

それを食い止めるため、

子供が生贄になったという話が

あるのです。

 

もちろんそれは噂話ですが、

昔の疫病退散のためを思えば

想像できなくもない話です。

 

 

しかし、当然ながら

祇園祭の稚児になった歴代の子供達は、

 

とても大切に重大な

「神様の遣い」として扱われています。

 

 

祇園祭のお稚児さんになるには、

費用がかかるのでしょうか。

 

「お金持ちのご子息しかなれない」などと

噂されていますが・・・

 

お稚児さんの費用は、なんと二千万円。

 

 

お稚児さんの衣装だけで、

恐ろしい金額になるのです。

 

二千万円をポーンと

出すことのできる家柄ですから・・・

 

これは「お金持ちしかなれない」と

言われるのも頷けます。

 

そもそも斎王代の費用は

数千万円かかり、

選ばれた家の自腹だという・・・

 

 

祇園祭の稚児の費用は、

一般人には届かないものだとわかります。

 

斎王代に選ばれた歴代の人たちも、

こんな費用を払っているのです。

 

 

最後に、お稚児さんの

しきたりについて

少し触れておきましょう。

 

稚児は、

位を授かるとまず学校を休みます。

これは学校側も認めています。

 

約一週間を休み、その間

穢れに触れることはできません。

 

母親のみならず、

女性に触れることを禁じられます。

 

長刀鉾は女人禁制なため、

父親か祖父がお稚児さんの面倒を

見るのです。

 

神様の扱いを受けるため、

足をついて歩くことも禁じられます。

 

祇園祭が終わり、位をお返しすると、

ようやく普通の男の子に戻るのです。

 

 

まとめ

 

祇園祭と言えば、華やかな

鉾のイメージですが稚児へも

注目してください。

 

何分人が多く集まるため、

鉾を見ることしか叶わなかった・・・

そういった人も出てくることですが。

 

あまりの人の多さに

押し合いになっていますが、

 

鉾と粽をメインにしている人は、

ぜひ鉾の中まで気にしてみてください。

 

山鉾巡行は毎年すさまじい

暑さとなります。

 

広々とした高台を

巡行するようなものならまだしも・・・

 

京都の地形から言って、

それはできません。

 

両サイドが建物に

覆われた街中を行くからです。

 

祇園祭が行われるのは、

京都の一番の繁華街、烏丸四条。

 

 

京都の神社仏閣の

落ち着いた雰囲気を想像している人は、

まずこの地の暑さに驚いています。

 

想像以上のことと感じる人が多いです。

 

八坂神社の目下に位置する通りを、

たくさんの鉾が通るのは

感動的にさえ見えます。

 

様々な山鉾が魅力の醍醐味ですが、

見に行くときは

お稚児さんにも注目したいです。

 

可愛らしい子供ながら、

凛とした佇まいに魅了されること

間違いなしです。

 

タイトルとURLをコピーしました