鍋の大きさは人数で!サイズの測り方と目安…一人暮らしのフライパンの大きさ(鍋サイズ)測り方

 

鍋の大きさは

人数で決めるものでしょうか?

 

それではいったい、

一人の場合は?二人の場合は?

 

ここでは一人暮らしを

基準に考えていきます。

 

鍋の大きさから

フライパンのサイズまで必見です。

 

 

鍋の大きさは人数で決める?

 

一人暮らしのフライパンは、

どの大きさのものが必要でしょうか。

 

また、鍋は何リットルを

どれくらいの人数で

計算すればいいのでしょうか。

 

 

一人暮らしでのフライパンのサイズは、

20~24cmがおすすめです。

 

卵焼きを作るだけなど、

小さめのものが必要なら

14cmが使いやすいです。

 

ですが、炒め物やチャーハンなどを

作るなら20cmは必要です。

 

大は小を兼ねるといいますが、

小さいフライパンは

使いやすく洗いやすいです。

 

扱いづらい大きなフライパンは・・・

と思う人は、小さめのフライパンで

事足りるかもしれません。

 

フライパンの大きさは

どこで測るのかご存じですか?

 

大きさは、一番大きな口の部分を

測りましょう。

 

 

次に、一人暮らしで鍋の大きさは?

 

一人暮らしで使用するなら、

20cm前後の鍋がベストです。

 

片手鍋でも20cmなら容量は

1.5L前後あります。

 

袋入りのインスタントラーメンを

作るとしても、

 

カレーやシチューを作るとしても、

一人暮らしには便利な大きさです。

 

鍋の容量は1Lほどある方が

使いやすいです。

 

作り置きをするときにも、

小さすぎるより重宝します。

 

とはいえ、自分自身は

本当に料理をするのか・・・?

 

問題はそこにあるので、

自分のライフスタイルに

合わせましょう。

 

味噌汁やカレーなど

作ることがないのなら、

フライパンひとつで事足ります。

 

レトルト食品のパックを温めるのも、

フライパンが便利です。

 

 

鍋のサイズの測り方、目安は?

 

フライパンのサイズの測り方は、

縁の内径を測ります。

 

この時、内側を測るのが

正しいフライパンのサイズの測り方です。

 

フライパンの大きさは様々ですが、

直径で見てください。

 

フライパンの直径はどこなのか

曖昧な人も多いですが・・・

 

フライパンの大きさの測り方は、

縁の部分の内径と覚えてください。

 

フライパン大きさ測り方を知らないと、

底の大きさに合わせて

 

大きなフライパンを

買うことになりかねません。

 

フライパンのサイズは測り方を

間違えないようにしましょう。

 

 

では、鍋のサイズの

測り方について見ていきます。

 

鍋の大きさの測り方は

知らない人も多いです。

 

鍋のサイズの測り方も、

鍋の直径を測る測り方が一般的です。

 

一言で鍋といっても、片手鍋や両手鍋、

土鍋など種類があります。

 

鍋の大きさは、容量が

書かれていることが多いので

それが参考になります。

 

鍋の容量の目安として、

一人暮らしなら1.5L前後です。

 

少し大きく感じられますが、

パスタを茹でるときにも便利です。

 

あまり料理をしないのであれば、

もう一つ小さいサイズで良いでしょう。

 

鍋の蓋のサイズの測り方についても

触れておきます。

 

鍋蓋のサイズの測り方も、

内径を測ります。

 

おおよそ2cm刻みに

用意されているので、

端数は切って構いません。

 

 

まとめ

 

特に鍋の大きさは、

人数により変えていく他ありません。

 

フライパンで作る料理は

家庭では量にも限界があります。

 

ですが、鍋料理は作ろうと思えば

随分多く作ることができます。

 

友達と集まって鍋を囲むことを

想像してみてください。

 

一人暮らし用の鍋では

到底追い付きません。

 

かといって、あらかじめ大きな鍋を

使うこともおすすめできません。

 

一人暮らしの日常使いに、

大きすぎる鍋は明らかに不便です。

 

作業スペースがものすごく

広いのであれば構いませんが・・・

 

一人暮らしであれば、

キッチンの広さも限られてきます。

 

そこで普段使い用に大きな鍋だと、

何かと不便になるのです。

 

お湯を沸かすのにも時間がかかり、

光熱費もかさみます。

 

かといって小さすぎると鍋も

フライパンも量が足りません。

 

自分の生活スタイルを考え、

これらを参考に用意しましょう。

 

 

自分が使いやすいと思えるサイズを

購入することをおすすめします。

 

大きさは、あくまでも

内径を測るものと心得ましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました