フィリピンへの移住を失敗しないために。子連れでも平気?仕事や生活費はどうなる?移住の費用。

 

フィリピンへの移住に失敗したと語る人は、

ほぼ間違いなく「日本と比較するクセ」が抜けない人

 

 

フィリピン在住者による移住サポート、

ブログを手段にして現地に住む具体的なアイデアは

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

[mf2]

 

 

物価の安さや温暖な気候で

近年人気のあるフィリピン。

 

ビザも取りやすいため

移住希望者も増えている。

 

 

移住を失敗しないために、

どんな準備が必要なのか?

 

フィリピン長期在住の

自分が現状を公開。

 

 

 

フィリピンへ移住!失敗をしないためのポイント。子連れでも平気?

 

 

移住者の多くは3年以内に

日本になくなく帰ることになる。

 

なぜだろうか?

 

 

それはフィリピンの知識不足が原因。

 

失敗しないように移住前に

しっかり準備しておく事が大事だ。

 

 

フィリピンへの移住を失敗しないために

いくつかポイントを押さえてもらいたい。

 

まずは言葉の壁だ。

 

 

日本から近く、世界の親日国

TOP5に入るフィリピンだが、

フィリピンは意外と日本語が通じない。

 

 

フィリピンの公用語は

「フィリピン語」や「英語」。

 

これがある程度理解できていないと

普段の生活が不便になる。

 

 

更には想定していた移住生活費までも

余分にかかってくるのだ。

 

せっかくの物価が安く、

生活費が安く上がるというメリットも

言葉がわからない事で高くなりがちだ。

 

 

言葉の通じにくい庶民的な安い屋台などではなく、

言葉の通じる高価な日本食レストラン

ばかり行くと食費が高くなる。

 

日本人という事で、屋台、露店、

タクシーなどでは料金を

ぼったくられる事も。

 

 

フィリピン人は、日本人の事を

「断れない人種」と

認識しているのだという。

 

もちろんフィリピン人との人間関係の構築や

仕事なども難しくなり生活がつらくなる。

 

 

他にも文化の違いがある。

 

突然「お金を貸してほしい」と頼まれたり、

普通に家で1日中大音量のカラオケ大会をはじめたり、

びっくりする様な事がよくある。

 

 

また、フィリピン人は

家族をとても大切にしている。

 

フィリピン人と結婚すると

親戚付き合いがとても大変だ。

 

 

家族を助け合うという文化が強く、

お祝い事や困っている時など

お金を貸すのが当然。

 

嘘のようだが、しまいには

自分の貯金が無くなる事になるのだ。

 

 

子供のために前もって情報を収集して

準備をしたいと思っている人も多いかと思う。

 

 

フィリピン移住、子連れの場合に

失敗しないために準備すべきことは?

 

まずは子供に必要な教育について触れていく。

 

 

フィリピンの義務教育は

 

・幼稚園:1年

 

・小学校:6年

 

・中学校:4年

 

・高校:2年

 

 

となっている。

 

 

フィリピンの学校は大きく分けると、

公立校の「Public School」と、

私立校の「Private School」。

 

 

公立校の授業料は基本無料。

 

ただし、公立校に通えるのは

フィリピン国籍を持っている子供のみ。

 

 

基本的に日本人の子供は、

フィリピン国籍は取得できないので、

学費がかかる私立校に通うことになる。

 

授業は全てフィリピン語・英語。

 

 

学費も更に高額になるが、日本人学校や

インターナショナル・スクールという選択肢もある。

 

高額とはいっても、フィリピンなら

インターナショナル・スクールに

年間30万円ほどで行けるのだ。

 

 

フィリピンへの移住で子連れでも、

日本のインターナショナル・スクールに

通わすよりもずっと学費が安くすむのだ。

 

 

 

フィリピンへ移住した後の仕事や生活費はどうなる?移住のための費用。

 

フィリピンに移住したら仕事は必要だろうか?

 

貯金があり年金受給者なら、

フィリピンに移住したとしても生活費が足りれば

お金の面では仕事は必要ないのかもしれない。

 

 

だが、生きる上ではやはり

仕事や趣味があった方が

毎日に張りがでる。

 

 

他にも仕事や趣味をすることで

共通の知り合いができる。

 

そこから輪が広がり、言葉を覚える

きっかけになった友人も。

 

 

たとえ定年後、フィリピン移住し、

年金で生活費に余裕があったとしても

是非新しい仕事や趣味にチャレンジして欲しい。

 

いろいろな人と繋がり、

いろいろな体験や経験をする事も

豊かに暮す1つだと自分は考える。

 

 

自分の友人に、フィリピンに移住後、

費用は掛かっていたが、

新しく事業を始めた男がいる。

 

貯金はほとんど無くなったと言っていたが、

とても毎日忙しく充実した毎日を送っている。

 

 

フィリピンに来た頃より

ずっと生き生きしているのが印象的だ。

 

 

フィリピン移住で仕事探しが不安な方は、

日本の求人サイトや大手エージェントで

仕事を決めてから移住する。

 

もしくは、日本にいる間に

フリーランスで在宅の仕事を受けられるよう、

資格や技術を身に着けてから行くと安心だ。

 

 

 

まとめ。フィリピン移住の失敗について

 

フィリピン移住で失敗しないためには、

目先の楽しい事ばかりや不安に思うことだけではなく、

現地の習慣や文化などを理解してから行く必要がある。

 

また、言葉や仕事など不安要素を

出来るだけ拭えるよう、

入念な下調べと準備が大事と言える。

 

 

セブで時々飲んでいた川島。

自分と同じく、もともと自分に自信ゼロだった男(笑)。

 

タイトルとURLをコピーしました