ロイキーネン博士って誰?天才なの?ロイキーネンという衝撃

 

ロイキーネン博士を知っていますか?

 

名前を聞いたことが

ある人もいるはずです。

 

しかし、アインシュタインのように

誰もが耳にするという名前では

ありません。

 

 

ではいったい誰なのか・・・

ここではロイキーネン博士について

触れていきましょう。

 

 

ロイキーネン博士の功績

 

ロイ・キーネン博士の功績は、

どういったものなのでしょうか。

 

ロイキーネン博士と関係の深いもの、

それは水です。

 

世界中のありとあらゆる水の

研究をしていました。

 

そしてついに、有害なものを

ろ過できる浄水器を作ったのです。

 

この発明は、

世界で大きく評価されました。

 

日本でもアムウェイで

購入することが可能です。

 

 

・・・アムウェイと聞いて、

一気に怪しく感じた人も

いることでしょう。

 

かくいう自分も、

そう聞くとポジティブに

受け取れずにいました。

 

その上、確かに値段設定は

なかなか強気なものです。

 

しかし、世界が認める性能の商品も

多く存在しているのです。

 

この浄水器は、

世界シェアでトップとなっています。

 

 

アムウェイは置いておいて、

ロイキーネン博士の話しに

戻りましょう。

 

ロイキーネン博士が

世界で知られているのはやはり、

 

各国の水問題が大きな背景にあると

予想できます。

 

日本であまり知られていないのは、

日本は水道を捻ると

水が飲めるからです。

 

特別なろ過をせずに、

安全な水が誰でも

気軽に手に入ります。

 

 

ロイキーネン博士の経歴は

あまり知られていませんが、

世界的に有名な人物なのです。

 

そのわりに名前が

知られていないのは残念ですが・・・

 

NASAなどに認められる

キャリアを持った人物なのです。

 

 

ロイキーネンとNASA、浄水器や空気清浄機など

 

では ロイキーネンは、

NASAとどういった関わりが

あるのでしょうか。

 

先程話した通り、

浄水器を発明した人です。

 

また、アムウェイの

空気清浄機の発明にも、

彼は携わっています。

 

それだけなら

「なんだ、アムウェイの人か・・・」

 

と思ってしまうところですが、

まだあります。

 

何よりすごいのは、

NASAが使用しているということです。

 

NASAといえばまずは

何が真っ先に浮かびますか?

 

 

宇宙。宇宙飛行士。

宇宙ステーション・・・

 

そう、宇宙に関係してくる話です。

 

地球上でいれば

水道から水が出なくとも、

 

川や海、はたまた土を

掘れば湧き水など・・・

 

安全がどうかを抜きに、

ある程度水を確保することは可能です。

 

(もちろん、干ばつ地帯や砂漠など

特殊な場所もあります。)

 

 

ですが、宇宙では水がありません。

 

スペースシャトルで

もって行くとしても、

 

長くいる宇宙生活の中で

足りるのでしょうか。

 

そんなときに使われているのが、

ロイキーネン博士の浄水器です。

 

宇宙飛行士達はこのろ過装置を使い、

自分達の尿をろ過します。

 

尿を飲んでいるというと、

驚く人が多いです。

 

しかし、尿の処理を兼ねての

大きなろ過装置なのです。

 

 

まとめ

 

ロイキーネン博士がどんな人物なのか、

簡単に説明しました。

 

こんなに偉大な功績を

残しているに関わらず、

 

ロイキーネンの名前の知名度が

あまり高くないことが不思議です。

 

それと同時に、

宇宙飛行士が尿をろ過していることにも

驚きました。

 

我々が飲むような飲料水と、

何ら変わらない品質になるということ。

 

これが可能なら、水のない地域で

役立てそうですが・・・

尿だけの問題ではないのでしょう。

 

機械の導入への莫大な資金も

必要なことや、設備の維持も大変です。

 

これがもう少し

気軽に行うことができると、

 

ロイキーネン博士の名前は

もっと世に広がるでしょう。

 

水がなくて困っている人たちに、

ろ過する装置など

有り難いに違いありません。

 

ロイキーネン博士の偉大な発明を

覚えておいてください。

 

 

生き物になくてはならない

水との関係・・・

 

きっとこの先、

浄水器は必要になります。

 

日本ではスーパーで水を汲む

設備がありますが、

 

本当に切っても

切れない関係なのです。

 

日常に必要な、

素晴らしい発明だといえます。

 

タイトルとURLをコピーしました