スカラネットのログインIDは?スカラネットパーソナルにログイン…スカラネットログイン、奨学金のユーザーIDはどこに書いてある?

 

スカラネットのログインIDは

どこに書いてあるのか分かりにくいです。

 

スカラネットのログインIDは

学校から配布され、

奨学金申し込み時に使います。

 

今回は、スカラネットの

ログインIDを簡単に

分かりやすく紹介します。

 

 

スカラネットのログインIDはどこ?スマホなら

 

スカラネットのユーザーIDとは、

学校から指定されるIDで、

 

スカラネットログインする時には

必要となります。

 

スカラネットにログインする時には、

学校で指定されたユーザーIDと

パスワードでログインします。

 

スカラネットにスマホから

ログインすることは可能なのですが、

 

基本的に動作保証は行っていないので、

その点は注意しておいてください。

 

自分が思うには、

パソコンを持っていない人のことを考えて、

 

スカラネットをスマホでも

公式対応させてほしいと思います。

 

スカラネットと似た名前の

スカラネットパーソナルは、

 

自分専用のマイページとも表現でき、

奨学金の状況を把握できます。

 

 

スカラネットパーソナルに

ログインする時には注意点があります。

 

スカラネットパーソナルに

ログインする時に使うIDやパスワードは、

前もって決めておく必要があります。

 

スカラネットのパーソナルに

ログインするためのIDは、

 

学校で指定された

スカラネットログインIDとは

異なる点にも注意です。

 

自分が思うには、

スカラネットとスカラネットPSの

ログインIDを、

 

共通化してもっと分かりやすく

取り扱えるようにしてほしいです。

 

スカラネットパーソナルのIDで

ログインすることにより、

 

自分の奨学金の状況の把握や

各種手続きなどを行えます。

 

スカラネットパーソナルの

ユーザーIDを作成していない場合は、

 

まずスカラネットパーソナルに

登録しておく必要があります。

 

スカラPSの公式ホームページで

スカラネットPSの登録を行ってください。

 

スカラPSのログイン画面では、

認証する時に

奨学生番号の入力が必要です。

 

奨学金のパスワードや

ユーザーIDがどこに書いてあるか

分からない場合は、

 

大学担当者に

問い合わせてみてください。

 

奨学金のパスワードやユーザーIDに

関する用紙は通常、

 

大学入学後のガイダンスで

配られるようになっているはずです。

 

奨学金やユーザーIDが

どこに書いてあるか分からないなら、

 

とにかく急いで大学の担当者に

問い合わせてみた方がいいです。

 

スカラネットや

スカラネットパーソナルの他に、

 

スカラacというのがありますが

ログイン時には特に関係ありません。

 

スカラacとは選考を行う学校関係者が

ログインして使うための、

 

専用の選考ソフトウェアのことをいいます。

 

スカラネットログインと

スカラネットPSのログインは、

 

名称がよく似ているので

IDやパスワード入力を

間違えないようにしましょう。

 

奨学金の貸与が開始されたら

スカラネットのログインIDは不要となり、

 

今後はスカラネットPSに

ログインして自分の奨学金の状況を

把握します。

 

 

自分が思うには、

奨学金制度をもっと気軽に

利用できるように、

 

スカラネットの名称を含めて

システムを簡単にしてほしいと思います。

 

 

スカラネットのワンタイムパスワードが届かない?

 

スカラネットのワンタイムパスワードが

届かない原因は何なのでしょうか。

 

スカラネットやパーソナルも含めて、

利用する時には必ずメールアドレスを

登録しているはずです。

 

スカラネットや

スカラネットのパーソナルでは、

 

フリーメールアドレスを

登録することも可能です。

 

フリーメールアドレスで

登録している場合は、

 

メールの受信設定で

ワンタイムパスワードが届くように

設定しておきます。

 

スカラネットのワンタイムパスワードは、

取得しようとしている時に

画面を閉じると無効になります。

 

スカラネットの

ワンタイムパスワードが

届かない原因にもなるので、

 

ワンタイムパスワードを

生成している間は

ログアウトしたりせずに、

 

画面も閉じないで

きちんと生成できるようにしてください。

 

 

ワンタイムパスワードが

届かない原因として

他に考えられるのは、

 

登録しているメールアドレスを

正しく入力できていないことです。

 

カンマやピリオド、数字など、

 

メールアドレスを

間違って入力していないか

よく確認してみてください。

 

スカラネットの

ワンタイムパスワードが届かない場合は、

 

問い合わせ先が公式サイトに

記載されているので

問い合わせてみましょう。

 

 

番外編:https r10 to rpointcardをおすすめする理由

 

奨学金を利用している学生にとっては、

クレジットカードの審査が

通るか不安なところです。

 

そんな人におすすめしたいのが、

https r10 to rpointcardです。

 

https r10 to rpointcardを

おすすめする理由は、

 

普通のクレジットカードとは違い、

審査が必要ないのが特徴で、

 

ポイントの還元率も

高いというメリットがあります。

 

奨学金を借りている学生でも

気軽に持てるのがうれしいです。

 

https r10 to rpointcardを利用すれば、

奨学金を利用していても

買い物や食事などをお得に満喫できます。

 

自分が思うには、

奨学金の支払いも

 

https r10 to rpointcardを

利用できればいいなと思います。

 

 

現状では奨学金の支払いには

クレジットカードの利用は

不可となっており、

 

https r10 to rpointcardにおいても

利用することはできません。

 

https r10 to rpointcardは

厳密にいうと

クレジットカードではないので、

 

自分が思うには、

奨学金制度を利用している学生には

もちろんですが、

 

そうではない人にも

おすすめできるメリットの多い

カードだと思います。

 

https r10 to rpointcardの

特徴やメリットを活かして、

 

買い物や食事など

様々なライフスタイルを

楽しんでほしいです。

 

 

スカラネットのログインIDについて

 

今回は、スカラネットの

ログインIDについて紹介してきました。

 

スカラネットのログインIDとは

学校から配布されるIDのことです。

 

奨学金の申し込み時に使うIDのことで、

貸与開始後は不要となります。

 

自分の現在の奨学金の状況を

確認するには、

スカラネットPSにログインし、

 

各種手続きなどを

行えるようになっています。

 

スカラネットPSにログインするIDは

スカラネットのIDとは異なり、

 

自分でIDやパスワードを

決めてあらかじめ

作成しておく必要があります。

 

スカラネットPSに

ログインできなくて困っている人は、

 

スカラネットのログインIDを

使用していないか確認してください。

 

必ず自分で作成した

スカラネットPSのログインIDを

使用してください。

 

スカラネットはスマホからも

利用できるのですが、

 

公式には動作保証をしていない点に

気を付けるようにしてください。

 

スマホからの場合は、

AndroidはGoogleクローム、

 

iPhoneのiOSはSafariのブラウザから

利用するようにしてください。

 

タイトルとURLをコピーしました