サンポールは洗面台の黄ばみにも?プラスチックと酢、落とし方…掃除と黄ばみの原因、サンポール

 

サンポールは洗面台で

使えるのでしょうか。

 

掃除に何かと便利な

サンポールですが、

 

気を付けなくてはならない点が

幾つかあります。

 

間違った使い方をしてしまわないよう、

事前に使用する箇所を

チェックしておきましょう。

 

 

サンポールは洗面台に使える?注意点は

 

まずサンポールについて

簡単に見ていきましょう。

 

サンポールと言えば、

緑色の入れ物に入ったトイレ用洗剤です。

 

どこか懐かしい、昔からある

家に置かれているものです。

 

近年は様々な洗剤が登場しました。

特にトイレなど、スタンプを押すだけ、

水を流すだけ、泡で汚れを落とす・・・

 

多くの種類が

あちこちの会社から出ています。

 

それでも昔からのトイレ掃除の王道、

サンポールを使用している家庭も多いです。

 

このサンポール、トイレ以外に

使用したことのある人は

いるでしょうか。

 

 

実は、洗面台の黄ばみは

サンポールで綺麗に落ちます。

 

水をよく使う場所でできる

黄ばみの正体は、水垢です。

 

サンポールは酸性のため、

水垢や尿石によく効きます。

 

洗面台の黒ずみはサンポールで

溶かしてくれるのです。

 

 

また、洗面台の黄ばみは

オキシクリーンでも落とせます。

 

しかしこれは、トイレのような

陶器でできたもののみです。

 

注意点として、金属や

大理石でできた場所に使用は不可です。

 

素材を傷めてしまうため、

長時間の放置もやめてください。

 

また、何より気を付けなければ

ならないのが【混ぜるなキケン!】

 

この表記を気にして

見たことはありませんか?

 

サンポールは塩素系漂白剤とけして

混ぜてはいけません。

 

サンポールで洗ったところに、

カビキラーやハイターを

注ぐことも危険です。

 

一度きちんとサンポールを

流し終えてからにしましょう。

 

 

洗面台の黄ばみ、プラスチック素材の場合は?

 

洗面台の黄ばみは、

酢でも落とすことができます。

 

こちらは環境に配慮したエコな

掃除技として知られています。

 

酢を使った洗面所の黄ばみの

落とし方としておすすめなのは、

 

ティッシュやキッチンペーパーに

酢をつけます。

 

そして、洗面台の掃除が必要な

黄ばみ部分に被せてください。

 

洗面台の黄ばみの原因は、水垢です。

洗面台を掃除するときに、

何度水をかけても黄ばみは現れます。

 

洗面台の黄ばみを落とすには、

酢をつけてから

擦ることで綺麗になります

 

 

賃貸住宅の洗面台の黄ばみを

落としたい人は、

 

傷を付けてしまわないよう

注意を払わなければいけません。

 

ホーローや陶器の洗面台も

多くなってきましたが、

 

賃貸の洗面台は

プラスチックであるケースも多いです。

 

プラスチックの洗面台は、

掃除をするときに

研磨剤など注意してください。

 

洗面所のプラスチック製に

黄ばみが残って気になる・・・

洗面台の黄ばみのせいで綺麗に見えない・・・

 

ただの水垢だとわかっていても、

洗面台黄ばみは

見た目に美しくありません。

 

それでは、プラスチックの洗面台掃除は

どうすればいいのでしょうか。

 

洗面台がプラスチック製の場合、

掃除はクエン酸が使えます。

 

洗面台のプラスチックの汚れに

吹き掛けることで、汚れを浮かします。

 

また、洗面器の黄ばみにも

これは使うことができます。

 

ポイントは、ゴシゴシと強く

擦りすぎないことです。

 

強く擦ることで、確かに水垢も

取れるかもしれませんが・・・

 

同時に、素材を傷付けてしまう

可能性が高くなります。

 

 

洗面台の黄ばみ

掃除についてお話ししました。

 

洗面台の黄ばみの落とし方は、

そう難しくありません。

 

 

まとめ

 

サンポールが洗面台掃除に

向いていることを知っていましたか?

 

学校のトイレなどにあるイメージで、

自分もトイレ掃除にしか

使ったことがありませんでした。

 

水垢など水回りの掃除に

抜群なのは納得できます。

 

 

水垢が残っているだけで、

どんなに掃除をしても綺麗に見えません。

 

とにかく気を付けてほしいのは、

ゴシゴシ洗いをしないこと。

 

どんなに水垢を

落としたいといっても、

 

強引に落とすことは

おすすめできません。

 

クリーナーなど便利な掃除用品は

たくさんありますが・・・

 

家にあるもので代用できれば、

無駄に買う必要もありません。

 

 

水回りはできるだけ

清潔にしておきたいものです。

 

タイトルとURLをコピーしました