そら豆に黒い虫?病気と害虫、黒くなって枯れる?黒い斑点と農薬、種取り…空豆と病気について

 

そら豆に黒い虫がついていたら

早めに駆除するなどの対策が必要です。

 

黒い虫はアブラムシという害虫で、

病気や黒くなって枯れる原因となります。

 

今回は、そら豆につく黒い虫や

病気についての対策を紹介します。

 

 

そら豆に黒い虫?害虫、ソラマメのアブラムシの駆除…虫食い、そら豆栽培病気

 

そら豆につく黒い虫で代表的なのは

アブラムシという害虫です。

 

アブラムシはそら豆の

やわらかい葉っぱを好んで食べるので、

 

栽培している時に見つけたら

早めに駆除する必要があります。

 

 

そら豆にアブラムシがついたまま

放置してしまうと、

 

葉っぱが食べられて

ボロボロになるだけではなく、

そら豆の病気の原因にも繋がります。

 

ソラマメのアブラムシの駆除をするには

色々な方法がありますが、

 

一番簡単にできるのが

農薬を使って散布するという方法です。

 

農薬を使って散布することで、

簡単に虫食いの被害を抑えられます。

 

そら豆の栽培でアブラムシによる

虫食いの被害を抑える場合、

 

殺虫剤を散布することで

アブラムシを駆除することができます。

 

 

でも、可能であれば農薬を使わずに

アブラムシの駆除をしたいところです。

 

ソラマメのアブラムシの駆除においては、

農薬の代わりに米酢を水で薄めたものを

スプレーする方法があります。

 

米酢を使った方法なら、

気軽にアブラムシの駆除を

することができます。

 

ソラマメのアブラムシを駆除するには、

米酢を水で薄めたものを

散布すると効果的ですが、

 

定期的に葉っぱについている害虫を

手で払って落としてしまうのも

効果があります。

 

 

また、そら豆の栽培では有機肥料を

使うことでアブラムシが

寄りにくくなります。

 

化学肥料は成長促進効果が高いですが、

アブラムシが好きな窒素が

多く含まれるので、

 

化学肥料を使うなら小量にするなどして、

アブラムシが多く集まらない

工夫をしましょう。

 

 

そら豆の病気、黒いのは?農薬と空豆の栽培、病気について

 

そら豆が黒いのはもちろん

病気の可能性もありますが、

 

必ずしも病気とは限らず、

そら豆が機能障害を

起こしている可能性も考えられます。

 

そら豆の機能障害とは、例えば

栽培する時に肥料を

大量に与えたことなどにより、

 

そら豆の葉っぱに黒い斑点が

できてしまうことなどを指します。

 

そら豆が黒い場合でも、

ハリや光沢があるなら

病気の可能性は低いです。

 

ハリや光沢がある状態で黒いのであれば、

そら豆が成熟している段階と言えます。

 

しかし、そら豆にハリや光沢が無くて、

触った時にやわらかい状態なら、

 

そら豆が病気にかかっている

可能性が高くなります。

 

いずれにせよ、そら豆の病気は

黒いかどうかである程度判断できるので、

 

そら豆が黒い場合は

様子をしっかりと確認する

必要があります。

 

 

そら豆の病気には、

「えそモザイク病」や

「ソラマメ褐斑病」などがあります。

 

特に「えそモザイク病」は厄介な病気で、

アブラムシなどの付着が原因で

土壌全体が感染してしまう病気です。

 

「えそモザイク病」にかかってしまうと

治療方法がないので、

 

土壌処理剤を使って

感染の予防をする以外に方法はありません。

 

「ソラマメ褐斑病」とは、

カビが原因となり引き起こされる病気で、

 

農薬を使って散布することで

ある程度防ぐことができる病気です。

 

 

そら豆が黒くなって枯れる?黒い斑点(黒い点)わたや皮が黒い

 

そら豆が黒くなって枯れるのは、

成熟が進んだ証拠とも言えます。

 

そら豆にハリや光沢がある場合は、

成熟して枯れたようになります。

 

また、黒い斑点が出ていても

外に広がっている場合は、

 

病気ではなく、そら豆の成熟が

進んでいると考えて大丈夫です。

 

そら豆は皮が重いものほど

中身が成熟しており、

美味しい豆がぎっしりと詰まっています。

 

そら豆の皮は、中の実が

劣化しないように

守ってくれる役割もあります。

 

そら豆が黒くなるのは、

必ずしも病気とは言い切れないので、

 

病気かどうか心配な場合は、

そら豆の皮をむいて中身を

確かめてみましょう。

 

そら豆の皮をむいてみて、

中身が黒くなければ食べられますし、

 

もし中身が黒くて

斑点も出ているようなら食べないで

捨てましょう。

 

 

そら豆の皮をむく時には、

わたの部分にも注目してください。

 

そら豆のわたが黒くなる病気として、

「ホウ素欠乏症」があります。

 

そら豆のわたが黒くなる

「ホウ素欠乏症」は生理現象の一つです。

 

自分が思うには、

そら豆が黒くなるのは

必ずしも病気ではないので、

 

「そら豆が黒いから病気」と決めつけず、

色々な角度から

観察するのが大事だと思います。

 

そら豆の種取りと葉っぱ

 

そら豆は種取りをすることで、

次回の栽培で使うことができます。

 

そら豆の種取りは難しいですが、

コツや注意点をしっかりと

押さえれば上手くできます。

 

そら豆の種取りをすることで、

次回も栽培できるというのは

うれしいですね。

 

 

そら豆の種取りをする

タイミングについてですが、

 

上を向いていた実が下がり始めたら

種取りをする合図だと思ってください。

 

また、種取りをする時のコツとして、

そら豆のさやが黒くなっているかを

確認します。

 

そら豆の種取りをする時の

注意点としては、

タイミングが非常に難しいので、

 

そら豆の実が下がり始めたら、

さやが黒くなっているか

確認してから種取りをします。

 

そら豆は葉っぱが枯れることで

病気の合図を知らせてくれますが、

 

種取りのタイミングに関しては、

実が下がり始めることで

知ることができます。

 

そら豆の栽培はとても楽しいので、

種取りのコツを覚えて

上手に栽培してみましょう。

 

 

そら豆の黒い虫について

 

今回は、そら豆につく黒い虫について

紹介してきました。

 

そら豆につく黒い虫は

アブラムシという害虫です。

 

アブラムシはそら豆の葉っぱを

好んで食べる習性があります。

 

 

そら豆につくアブラムシは

農薬を使えば簡単に

除去することができます。

 

虫食いによる被害から守るためには、

基本的に農薬が一番効果的です。

 

でも、可能であれば

農薬を使わずに虫食いの被害を

抑えたいところです。

 

 

農薬を使わない場合は、

米酢を水で薄めたものを

散布する方法などがありますが、

 

自分が思うには、

そら豆につく黒い虫を

 

水で一気に流してしまうのも

ありだと思います。

 

 

そら豆につく黒い虫や害虫を

放置したままにしておくと、

 

そら豆が病気になってしまうので

早めに駆除する必要があります。

 

そら豆が黒くなるのは

必ずしも病気とは限らず、

 

肥料の与えすぎなどによる

生理現象の場合もあります。

 

そら豆の栽培では種取りを

上手に行うことで、

次回の栽培に種を使えます。

 

 

種取りのタイミングは、

そら豆の実が下がり始めて

さやが黒くなった時です。

 

タイトルとURLをコピーしました