体重増やさず筋肉つける!体重を増やさずに筋肉をつける、逆に体重を落とさずに筋肉をつけるには…シックス パッド、ビフォーとアフター(女性)

 

体重増やさず筋肉をつける方法とは?

 

筋肉は体重より重いというのは、

よく聞かれる言葉です。

 

その中で、果たしてどうやって

筋肉をつけるのでしょうか。

 

女性をメインに解説していきましょう。

 

 

体重増やさず筋肉つける!体重を増やさずに筋肉をつける方法は?

 

体重の悩みは

男女ともに多くあるものです。

 

特に女性の方が、

体重というワードに敏感なのは

間違いありません。

 

ただ体重を落としたいだけならば、

食べなければ必然的に痩せます。

 

しかしそれは本当に

望む姿なのでしょうか・・・?

 

 

女性は、綺麗に痩せたい

男性は、ガリガリにはなりたくない

 

そう感じている人が非常に多いです。

 

そのためにはやはり、

筋肉量を増やす必要があります。

 

世の中に周知の通り、

脂肪より筋肉は重さがあります。

 

それだけを聞くと、

筋肉をつけると

体重が重くなってしまう・・・

 

このように捉えることが自然ですよね。

 

 

しかし、ほどよく筋肉のついた体と

ただ痩せただけの体は全く異なります。

 

女性からは

「筋肉は重いから筋肉はつけたくない」

「別にマッチョになりたいわけじゃない」

 

このような声をよく耳にします。

 

「そもそも筋肉が重いなら、

今から筋トレすると

今以上に体重が増えるのでは・・・?」

 

理論上単純に考えると

間違っているとは言えません。

 

そのため、体重を増やさず

筋肉をつけることに目を向けましょう。

 

そんな方法があれば、

気にすることは

ないのではないでしょうか。

 

なかなか難しいものですが、

コツを掴めば不可能ではありません。

 

おすすめなのが、

二の腕や太腿などといった一部を

引き締める筋トレです。

 

いきなり全身の筋肉をつけようと、

ハードな運動をする必要はありません。

 

部分ごとにつけていくことで、

身体がある程度順応してくれます。

 

少しずつ筋肉へと変わっていくため、

緩やかな変化の方が

体重が増えにくいのです。

 

 

体重を落とさずに筋肉をつけるには?シックスパッド、ビフォーとアフターを女性で見てみる

 

今度は逆に、体重を落とさず

筋肉をつけるには、

どうすればいいのでしょうか。

 

ダイエットをする人は

どうしても体重という数値に

意識が向きがちです。

 

そのため自分より明らかに

軽い人の筋トレは

理解できない傾向にあります。

 

体重が軽いからといって、

体が引き締まっているとは

限らないのです。

 

一見細そうに見える人でも、

下っ腹が出ている可能性は大です。

 

 

しかし、BMIが18以下の人の

体重減少は危険です。

 

体重が落ちさえすれば、

気になる下っ腹がなくなる・・・

 

そう感じているのは

圧倒的に女性が多いです。

 

無理なダイエットで

体重ばかりを落とすことに目を向けると、

 

到底綺麗なプロポーションとは

言えなくなるのです。

 

そしてなにより、

生命の危機にすら

達してしまう危険があります。

 

女性なら特に、ホルモン異常や

不妊などデリケートな問題もあります。

 

痩せすぎているでのメリットは、

正直何もないと思ってよいでしょう。

 

 

そのため、筋トレを

始めたからといって

体重を落としすぎることは危険です。

 

体重を落とさずに

筋肉をつけることも

考える必要があるのです。

 

ある程度食事量を増やす、

タンパク質やミネラルを求める・・・

 

女性の場合はむくみ解消で

一時的に体重が落ちたのかもしれません。

 

どちらにしろ、

過度な筋トレは避ける方がよいです。

 

 

筋トレグッズに頼るのなら、

人気なのは付けるだけでいい

シックスパッドです。

 

シックスパッドのビフォーアフターを

女性で見ると、一ヶ月で腹位が

マイナス5cm以上との報告があります。

 

 

まとめ

 

体重が軽いから筋トレはしない

重くなるから筋トレはしない

 

それだけではないことを

わかっていただけましたか?

 

身体を動かすことは

メンタル面でも効果があります。

 

風邪などへの免疫対策にも

よいでしょう。

 

 

体重を増やさず筋肉をつけるのは

難しいと思われがちですが、

 

筋肉量が増えることで

代謝がよくなります。

 

そのため、食べたものの

カロリーを消費してくれる量が

明らかに異なります。

 

 

食べないことへのダイエットではなく、

身体を鍛えることに

目を向けてみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました