高千穂の夜神楽の歴史!いったいどんなもの?

 

高千穂の夜神楽は、

どんな歴史があるのでしょうか?

 

夜神楽は日本の伝統芸能です。

 

有名な伝統芸能ですが、

知らない人も多いのではないでしょうか。

 

高千穂といえば、

夜神楽と言われるような

有名なものなのです。

 

 

高千穂の夜神楽の歴史、その魅力とは?

 

高千穂の夜神楽の歴史や、

その魅力について迫ります。

 

高千穂の夜神楽は、

舞の中で静と動を織り成すことが

特徴的です。

 

まさしく祭りを思わせる賑やかな

動があったかと思えば、

 

途端に鎮静に包まれる

静が観客を飲み込みます。

 

まずこの夜神楽とは、

天照大御神が発端であり、

 

こちらは多くの人が知っている通り、

天照大御神が岩影に

隠れる場面があります。

 

そっと隠れてしまう天照大御神は、

本当に静かな静の舞です。

 

そして今度は、

そんな天照大御神を誘い出そうと

 

賑やかな動の舞いが

繰り広げられるのです。

 

見ている人の心を鷲掴みほど

魅力的な伝統芸能ですが・・・

 

日本の高齢化により、

その歴史も風前の灯です。

 

この夜神楽は、女人禁制で

地元の組合や消防団に守られてきました。

 

 

しかしながら、高千穂も

高齢化に悩んでいることは

言うまでもありません。

 

夜神楽を舞う人が、

年々減っていくのは目に見えた事実です。

 

ですが、大切な伝統を次の代に

引き継ぎ続け、今に至ります。

 

 

地域住民が誇りを持ち、

代々受け継がれてきました。

 

この先も、高齢化社会が続くことは

免れません。

 

そんな中、

多くの伝統が失われていきます。

 

高千穂の夜神楽も、

そのうちの一つになってしまう日が

来るかもしれません。

 

ですが、とても魅力的な

日本の伝統なのです。

 

途切れさせてしまうことがないよう、

地域だけでなく

 

みんなが一丸となり

大切にしていきたい伝統です。

 

 

高千穂の夜神楽には知られざる歴史が…

 

高千穂の夜神楽の歴史について、

まだ話していないところがあります。

 

夜神楽の発祥は、なんと、

平安末期から鎌倉時代というから

驚きです。

 

そんなに昔から、高千穂で

代々大切にされてきた伝統なのです。

 

夜神楽の開催は、

毎年11月から2月上旬となります。

 

そしてこの神秘的な祭りは、

鑑賞できる日が限られます。

 

高千穂には18の集落があり、

それぞれの集落により

舞いが異なるのです。

 

伝統的に、

昔からそうされているのです。

 

この日付は、10月中に

各集落の祭日が発表されます。

 

自分の見たい集落が

決まっているのなら、

 

毎年ここのチェックは

忘れないようにしましょう。

 

分かりやすく言えば、

夜神楽は収穫の感謝と豊作の

祈願の祭りです。

 

今年もこんなに収穫ができた、

という気持ちを兼ねて秋に始まります。

 

そして、翌年も豊作であるよう、

氏神様へ祭りを通して祈願するのです。

 

この氏神様を、神楽宿と呼ばれる家や

公民館に招きます。

 

そこで、一夜を通して

神楽を奉納する祭りです。

 

 

高千穂神社や天岩戸神社で

披露される日もあり、

賑わいを見せます。

 

また、新型コロナウイルスの影響により、

夜を徹しての神楽舞いは

行われなくなっています。

 

この先も、こうした伝統が

規正される日が続くのかは

わかりません。

 

ですが、途絶えさせてしまうには、

あまりにももったいない伝統です。

 

 

まとめ

 

高千穂の夜神楽、興味深いものです。

 

夜神楽は、山の神と水源の神を招き、

共に舞を楽しみます。

 

神様達は舞を楽しみ、

また里人も神様との交流を楽しみます。

 

神話の中の神といえば、

空から見守ってくれている

シチュエーションが多いです。

 

しかしこの夜神楽は、

神を招いて互いに楽しむのです。

 

そうして、夜通し行われる舞いに

別れを惜しみつつ帰られます。

 

 

寒い時期に行われる神楽であり、

おまけに外は冷え込みます。

 

そんな中で、賑やかな最後を飾る神楽は

魅力的です。

 

集落によりそれぞれ日程が異なることも、

舞いが全て同じというわけではないことも、

魅力のひとつです。

 

それぞれの集落独自の力強さや、

神への感謝が受け取れます。

 

本来寺社仏閣で行われる催しといえば、

厳かな雰囲気に

包まれたものが多いですが・・・

 

この高千穂の夜神楽は、

神様と共に賑やかに

楽しめる魅力があります。

 

タイトルとURLをコピーしました