釣ったヒラメの保存は?冷凍と日持ち、保存方法…ヒラメ保存(ヒラメの保存方法)、刺身と冷凍

 

釣ったヒラメの保存の仕方を

ご存じですか?

 

生粋の釣り人なら

当たり前なのかもしれませんが・・・

 

自分のように、

年に数度釣りに行く程度だと

「釣ること」は知っていても、

 

その後の「処理」を

知らないことが多いです。

 

 

釣ったヒラメの保存、正しい方法は?

 

ヒラメの保存方法を知って、

美味しくヒラメ保存してください。

 

ヒラメの保存方法を間違うと、

せっかく釣ったヒラメを

ダメにしてしまいます。

 

 

それではまず、ヒラメの

保存法について見ていきましょう。

 

ヒラメは切り身で保存すると

調理のときに楽です。

 

ヒラメを冷凍保存すると、

解凍時に水分が出てきます。

 

よく魚が生臭いのは、

このドリップが生臭いのです。

 

内臓などの処理をきちんと

終えていないとこうなります。

 

ではヒラメ冷凍保存で、

ヒラメを刺身で食べる保存方は

あるのでしょうか。

 

ヒラメを釣ったときにすぐ、

血を抜いて丁寧に処理すれば

生臭さは格段に減ります。

 

冷凍保存のいいところは、

長い間の保管が可能なことです。

 

刺身を冷凍保存から出すなら、

半解凍くらいで切り分けましょう。

 

 

ヒラメを冷蔵保存なら出すときは、

身が崩れやすくなります。

 

刺身の冷凍保存について話しましたが、

刺身の保存法を間違えると

鮮度のいいものが食べられません。

 

刺身の保存は少し手間がかかりますが、

急速冷凍する方法が一番です。

 

これは業務用の

冷凍設備などが必要となり、

 

一般に釣り上げたものが

簡単に調理できるものではありません。

 

が、少しでもそれに近付けるよう、

アルミトレイを使いましょう。

 

冷凍庫にアルミトレイがついている

冷蔵庫もあります。

 

そこに捌いて

水気を拭き取ったヒラメを、

 

フリーザーバッグに

入れて並べてください。

 

そうすることで、急速冷凍に

近い状態を作り出せるのです。

 

 

ヒラメの冷凍、日持ちはどう?

 

ヒラメの刺身は、

冷凍する方が長く持ちます。

 

ヒラメに限らず、刺身を

日持ちさせようとするなら冷凍です。

 

ヒラメを冷凍したときは、

刺身として食べるなら

解凍に気を付けるべきです。

 

ヒラメ刺身の冷凍は、

一ヶ月近く持つと言われています。

 

冷凍ヒラメの解凍に

気を付けなければならない点は、

 

冷凍庫から冷蔵庫に移し

ゆっくり解凍することです。

 

急いでいるからといって、

間違ってもレンジは禁物です。

 

また、ヒラメ冷凍を常温に

出しておくことも避けましょう。

 

 

ヒラメの冷凍レシピで、

煮付けなどは冷凍のまま可能です。

 

冷凍ヒラメは何かと使い勝手がよく、

レシピも豊富となります。

ムニエルや煮魚、甘酢あんかけ・・・

 

個人的に、ヒラメの切り身で

おすすめなのはアクアパッツァです。

 

ものすごく簡単なのに、

何より華やかで豪華に見えます。

もちろん、酒のつまみにも抜群。

 

クセの少ない白身魚は、

何にしても

美味しく食べることができます。

 

また、ほろほろと身を

ほぐしやすいことも特徴です。

 

ヒラメは子供やお年寄りまで

食べやすい魚です。

 

 

まとめ

 

釣ったヒラメの保存について

話しましたが、

 

ヒラメを釣ったことのある人は

どう保存していましたか?

 

冷凍するなら刺身は

諦めなければならない・・・

 

そう考えている人が

意外に多いですが、

 

きちんと絞めてさえいれば

怖くはありません。

 

むしろ、寄生虫で有名な

アニサキスも、

冷凍保存することで死滅します。

 

 

ですが、冷凍してもそれなりに

早く食べましょう。

 

冷凍しているから大丈夫と

放置することは推奨できません。

 

家庭の冷凍庫であれば、

尚更普段から開け閉めすると思います。

 

霜が下りてしまうことも早いため、

丁寧に下処理した意味がなくなります。

 

美味しいものは美味しいうちに

という言葉がありますが、

その通り早めに食べてしまいましょう。

 

ちなみに、冷蔵庫で保存した場合は

2~3日で食べきりましょう。

 

とはいえ、

ぬめりが出てきているものや、

 

臭いがあるものは

腐っているかもしれません。

 

魚はやはり腐敗臭も強いため、

少しでも臭いがおかしなものは

避けるのが無難です。

 

せっかく釣ったものなら尚更、

美味しく食べてしまいたいものです。

 

タイトルとURLをコピーしました